マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:32:21 /OASIS AREA)

マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:30:36 /OASIS AREA)

陽気な時速制限
(2007.08.26 / 23:09:09 /OTHER)

夜に向けて特訓中
(2007.08.26 / 23:05:51 /FIELD OF HEAVEN)

アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

ここにも…。
(2007.08.26 / 22:44:54 /OTHER)

三上寛!
(2007.08.26 / 22:41:02 /NAEBA-SHOKUDO)

しばりつけられてる…。
(2007.08.26 / 22:34:42 /OTHER)

FUJI ROCKは終わらない。
(2007.08.26 / 22:29:42 /OTHER)

いい湯だな。
(2007.08.26 / 22:25:33 /OTHER)

スペル違ってます。
(2007.08.26 / 22:21:58 /OTHER)

もはや記念スポット
(2007.08.26 / 22:18:43 /OTHER)

面影ラッキーホール
(2007.08.26 / 22:14:44 /Orange Court)

かっこいいというのはこういうことだ。
(2007.08.26 / 21:55:52 /Orange Court)

FUJI ROCKなTシャツ:その9
(2007.08.26 / 21:44:31 /OTHER)

BOOM BOOM SATELLITES

フジロックと歩んだ日々

 ブンブンサテライツは、フジロックと共に歩んだ。そのブンブンがついにホワイトステージのヘッドライナーを務める。05年フジロックのステージをそのままDVDにしてリリースしたくらいブンブンとフジロックの関係の深さが感じられるようなステージになった。始まる前、すでにホワイトステージはほぼ満員に近く埋まっていて、バンドの登場を待っていた。

 そして、中野と川島、そしてサポートドラマーの3人が現れる。川島はフライングVを手にし、中野は機材を操作して、エレクトロニックな音に包まれたロックサウンドを、お客さんたちに放つのだ。しばらく、歌なしで電子音と生音がぶつかるような音を出していたのだけど、川島が叫び声を上げて"Moment I Count"を歌い始める。この曲に限らず、この日の曲は、アレンジがし直されていて、受ける印象が若干変わっていた。新曲"Easy Action"では、ステージからレーザービームが放射され、お客さんも反応よく、この曲でも踊るのを止めない。やっぱり一番の盛り上がりは"Dive For You"、そして"Kick It Out"あたりだろうか。中野がお客さんを煽り、ホワイトステージの後の方まで手を挙げ、歓声を上げて、それに応えていた。

 前回のフジロック出演と違い、天気もなんとか持ちこたえ、深い木々に囲まれたステージというロケーションの良さが十分生きたものになっていたし、新曲の手応えもよさそうだし、またひとつフジロックの歴史に名を刻んだことになった。やや、ラフなところがあったように見受けられたけど、こうしたフェスでは勢い勝負なところがあったので、さほど問題はなかったと思われる。その証拠に、バンドが一旦去ると当然にようにアンコールを要求する拍手が起きて、メンバーは再び現れる。そして、極限までロックンロールに近づいたエレクトロニックな音がお客さんを盛り上げらせて、みんなにこの日の記憶を深く刻み込んでステージを終わったのだった。


Reported by nob (2007.07.29 / 00:36)